よみしろの読む城

読んでもわからない人へ送る「僕はこう読み考えた」

甲子園を初めてちゃんと見た話

甲子園を初めて見た

 

好きなスポーツはバレーボール。サッカーもたまには見る。しかし、へそ曲がりの天邪鬼ゆえ、最も人気があるっぽい野球だけはどうも気に入らず、幼少期など特にひどいものでルールを覚えまいという努力さえしていた時期もあり、今に至るまで野球観戦など、てんで興味もなかった。

自分の食わず嫌いの性格を認めるたびに一つ大人になったなあなどと些細な感慨にふけるのであるが、この夏は一つ甲子園などきめてみようなどと気が揺らいだのだ。

 

きっかけは大阪桐蔭が県大会の決勝で圧勝したとのニュースで、その時に大学の後輩に出身のやつがいたなと思い出した。 自分との距離感が近くなればなるほどに親近感というのも湧いてくるもので、機会があれば応援でもしようという心算でいた。

ぶっちゃけると頑張る高校生たちのお涙頂戴ストーリーに関わるつもりはない。せっかく見るなら応援するチームが勝って気分良くなりたい。

とすれば、大阪桐蔭はもってこいだ。なにせ県大会でぼこぼこにできるほど強い名門らしい。勝ちそうな学校を後輩の母校だからなどというもっともらしい理由をつけて、しかも気が向いたら応援しようなどと浅ましいにも程があるのだが、それだけ斜に構えれば興味のないものにも手が伸びるというもの。

甲子園なんぞ高校生たちをダシにした消費コンテンツにすぎないでしょう、作り上げられたありふれた感動ストーリーでしょうなどと、もうすぐ背を向けそうな勢いでさらに斜に構え、つけたテレビでやっていたのは富山代表の高岡商業との試合。

 

ビビった。  

 

本当に泣いた。  

 

意味がわからないくらい目が潤んでしまった。  

 

今まで「ありがちな感動ストーリー」を見て泣くことはあったが、あれは先方の狙い通りに泣きに来てやったぞという気概で見たのであって、言うなれば主導権はこちらにあった。辛いものを食べたくなって辛いものを食べたと同じくらい思い通りの経験だった。

 

だが、甲子園は違った。

まっっっったく泣くつもりがなかった。というか、野球に人生捧げるタイプの人は自分とは完全に別世界の人だと思っていたくらいだ。  

 

バッテリーとバッターとのせめぎ合いが一瞬に詰まっていて、制限された中で戦略が際立ってくる。

自分が武道を修練しているものだから、野球はルールが厳格で攻守がはっきり決まっていて、あまりにスポーツらしいスポーツだと(恥を忍んでいうなら)見下していた。攻守が決まっているなど戦いにおいては不自然の極みで、お膳立てされた茶番めいて感じていた。

しかし、攻守が定まっているがゆえに逆に投げて打つまでの一瞬間に目まぐるしい攻防が凝縮されていた。試合の全体的な流れ、塁の状況、ボール・ストライク・アウトの数、選手同士の癖などなどがあった。  

 

大阪桐蔭に肩入れして見ていたせいで、見ているだけで緊張がやばい。どっちが勝っても平静でいられる他人事感に逃げられない。

勝ってほしい。

でも、なんだろう。向こうのチームには負けて欲しくない。

あぁ、これが高校野球か。

正々堂々、互いがベストを尽くした良い試合をしてほしい。  

 

くそっ。青春してるじゃねーか。  

 

高岡商業は王者の貫禄すらある大阪桐蔭の前に屈することなく、しかしじりじりと追い込まれていった。 点差はついたまま、これ以上点を入れられるわけにはいかないが、9回が近づいてくる。 攻撃が強い大阪桐蔭を一度軌道に乗せてしまえば収拾がつかなくなりかねない。

プレッシャーが凄まじいはずの高岡商業のピッチャー、集中が凄まじい。 負けて押されているのをものともしない。 それどころか、笑ってる?

ピッチャーだけじゃない。

追い込まれて後がない高岡商業の選手、全員、笑っている!

大阪桐蔭も笑顔。でもこれは勝ちを見越した笑顔ではない。

 

おかしい。

 

本当ならば泣きたいのはマウンドにいる球児たちの方で僕らはテレビの前で何もせず笑っているはずなのに、彼らは笑っていて気持ちいいほどの笑顔が映るたび僕の目が潤んでくる。

 

高岡商業は連続三振を奪い続け、大阪桐蔭も堅実な守備で追加点を絶対に許さない。

九回表、大阪桐蔭最後の攻撃を凌ぎきり、ピッチャーついに11連続三振!

あの快哉たるや!

ガッツポーズたるや!

大阪桐蔭も敵ながら天晴れと思っているのではなかろうか。そう思えるほどに気持ちのいいガッツポーズ。

九回裏、これをしのげば大阪桐蔭の勝利という展開。早くもアウトを取りこのままなら大丈夫かと思ったその時、大阪桐蔭の主将がチームを集めて気を引き締める。

なんという…!  

なんという執念か。最後の最後まで全身全霊をもって敵にこたえる。

まさに絶対王者 全身全霊で迎えてくれるからこその高岡商業の笑顔  

 

 

試合は大阪桐蔭が守りきり終了。  

泣く選手、笑いながら笑顔が止まらない選手、勝者も敗者も気持ちのいい表情。

 

ありふれた感動ストーリーとたかをくくっていた自分が恥ずかしい。

いつしか、自分は一生懸命ということから目をそらしていたのだなと思い知らされる。彼らのまっすぐな真剣さが斜に構えていた僕を貫いた。

物事に真摯に向き合って来た人間同士がぶつかる光景は作り物でない感動を生む。  

僕には一瞬をあれだけ大事に使ったことが今まであったろうか?

相手に全力で向かって来て欲しいと思ったことがあったろうか。?

自分がこうも腑抜けている様が悔しくて仕方ない。 高校球児たちの熱気に気を引き締められた。

 

 

投稿日の今日は準決勝だ。

勢いの止まらない大阪桐蔭が勝ち抜くか、それとも他のチームが制するか。

どちらにも全力を尽くしてほしいと願いつつ、残りわずかとなったこの夏の試合を最後まで見守っていたい。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村
広告