読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみしろの読む城

好きな小説を好きなだけ褒めちぎります

すべて真夜中の恋人たち (川上未映子)

オススメ本

あらすじ

入江冬子は独身のまま恋人を作ろうというつもりもない34歳の女性。人と関わることは苦手でフリーで校閲の仕事をしているが、日々にとらえようのない満たされなさを感じていた。ある日、多様な講座を受講できるというカルチャーセンターへ行くと、三束(みつつか)さんという男性と出会う。ひょんなことから三束さんと頻繁に合うようになり、三束さんとの会話や仕事仲間の聖との関わりの中で冬子は成長していく。

 

 

 

この主人公はいかにも恋愛小説の主人公のような、内気で恋愛経験が乏しくてという性格です。そこに加えられた34歳という設定が一気に現実味を帯びさせてきます。彼女には自分の誕生日の深夜に散歩に行くという癖があるのですが、そこに感じさせるどことない寂しさなんかもリアルに心情を感じさせ、甘いばかりの恋愛小説とは一線を画しています。

 

極めつけは三束さんの初登場で外見から50歳以上であることが明言されているところ。恋愛小説の定石に対するちょっとした反骨精神すら感じます。全体を通して、読者は恋をする女の気持ちよりも悩める女性の心の変化に焦点を当てていくことになります。

 

 

冬子さんは現状にとりたてて不満があるわけでもないが満たされてもいないという点において、とても現代人らしいと感じました。

問題は見えないながらもなんとか現状を打破したいと、自分に変化を求めて、彼女は勇気を出してカルチャーセンターへ行きます。そして、三束さんとの出会いという予期せぬ形で変化が訪れたのです。

 

そうして頻繁に三束さんと合うようになり、気づけば三束さんのことばかり考えるようになっていて、いつのまにか恋をしている自分に気づいていく様はとても純情でうつくしいものでした。

 

彼女は三束さんとの関わり合いを通してささやかながら着実に成長しており、小説の前半と後半を見比べると違いは歴然としています。

何をするにもお酒を飲んで勢いづけなければならなかったのに、お酒の量は減ったのもそう。聖との会話は話すことも思い付かずに聞き役ばかりだったのが、自然と自分の考えを伝えるようになったのもそう。(そうした変化が知らず知らずに起きているところに作者の執筆力を感じます)

 

 

ところで、人が変わると言う時、それは自の力によるところもあれば、他人の力によるところもあります。どっちも必要です。

冬子さんが三束さんとの出会いを通して変わるのはいいです。ですが、その後いつの日かまた現れる不安や何かに対して、三束さんと一緒になった後には、恋愛による変化というのにはあまり期待できません。少なくとも、この小説全体で貫いていた現実味を欠いてしまいます。

つまり、あんまり三束さんにおんぶに抱っこするようでは、彼女が壁を乗り越えられるようになる意味での成長は期待できないのではないかと、読みながらずっと思っていました。

 

そういう視点を持っていたので、最後の持っていき方は思わず唸りました。

 

 

読み終わり、本を閉じて、真夜中の空気をたっぷり吸って、心地よい余韻にひたっていました。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村
広告