よみしろの読む城

好きな小説を好きなだけ褒めちぎります

楽園のカンヴァス (原田マハ)

あらすじ

アンリ・ルソーの名作「夢」に瓜二つな絵画が隠されている。「夢をみた」と言うタイトルのその絵画は一体何なのか。公式に美術館に展示されている本物であるはずの「夢」は本当は贋作だったのか。

ルソーを専門とする日本人の天才研究者オリエ・ハヤカワと超名門美術館MoMAのアシスタント・キュレーターのティム・ブラウンが伝説のコレクターに招待され、秘密裏に鑑定を依頼されます。しかし、鑑定の方法は用意された本を1日1章読むことだけ。科学的な分析は使用禁止。コレクターの真意とは一体なんなのか?ルソーの魅力に取り憑かれた二人の専門家がルソーの生涯を見つめ、「夢」に隠された真実を探します。

 

 

僕は美術に対する造詣は皆無なので、アンリ・ルソーという人もこれを読むまで知らなかったのですがそれでもとても楽しめました。

というよりむしろ、絵画を楽しむ人の心のうちや絵画に対する学術的な姿勢というものに触れることができて新しい視点を得た気分です。作者がMoMAニューヨーク近代美術館)に勤めていた経験もあるようなので説得力抜群です。

 

「夢」に描かれる森の中に迷い込む錯覚は、読者にさえ「夢」という作品をかけがえのないものにさせてくれます。描かれる女性ヤドヴィガはいつのまにか魅力的に感じてきてしまいます。

 

史実として有名らしいのですが、アンリ・ルソーは当時の人々にはヘタクソと称され見向きもされなかったものの、ほんのわずか認めてくれる友人もいました。うち1人は、かの天才ピカソです。

作中では、用意された本を読み進めると史実通りピカソとの交流も記されている一方、時に史実とは一致しなかったり全く知られていない逸話も出てきます。

 

最後に明かされる真実は美しい物語でした。

広告を非表示にする


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村
広告