読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみしろの読む城

好きな小説を好きなだけ褒めちぎります

卍 (谷崎潤一郎)

オススメ本

『卍』谷崎潤一郎ですね

 

谷崎潤一郎といえば『マゾヒズム小説集』をけっこう前に読んだっきりで個人的にあんまりヒットしなかったのは覚えています。

 

以下、ネタバレ含みます。

 

『卍』はすっごく雑に言ってしまうと、語り手である園子が同性愛に目覚めた話です。同性愛というか知り合いの光子さんが大好きになってしまう話と言った方が正しそうです。

 

園子は結婚しているのですが、同性愛は当時の風潮では許されていなかったということもあり、夫に隠して光子さんといちゃいちゃします。で、光子に男がいることが発覚し、裏切られたと思い込んだ園子は夫にベタベタします。が、後に光子と仲直りします。いろいろしているうちに最後は夫も光子のことを愛するようになってしまいます。

 

結末までは言いませんが大筋はこんな感じです。ほんと大雑把で申し訳ないくらいです。

まぁ、小説の凄さは大筋ではなく本文に宿っているので、大筋はどうやっても雑になってしまうわけで。

 

 

僕が『卍』から感じたのは、谷崎潤一郎は人と人が親密になるというとき、欲情まみれでめちゃくちゃに大好きになるという形こそが本当なのだ、という訴えです。

 

園子が光子や夫といちゃいちゃするときは一時も離れていられない様子でしたし、何を犠牲にしてでも一緒の時間を作ってしまう勢いで。

嫉妬も激しく狂気とも思える有様で、あたかも「壊れるくらいに私だけを愛してっ!!」と叫んでいるかのようでした。(この嫉妬は結末に濃厚に現れています)

 

園子と夫はもともと気が合わないとのことだったのですが、光子との関係とは見事に対照的で描写もまったくの別物でした。

 

なんでタイトルが卍なんでしょうね。僕は卍って文字が人と人が絡み合う様に見えてきました。

 

 

僕が彼女らの世界に上手くなじめなかったのは、僕がわりと感情の上下が少ない人だからなのでしょうか。いいかげん恋人の一人や二人できたら分かるものなのかなって思ってみたり。

 

『卍』を読んだ後、彼らが激しく落ち込んだり喜んだり狂いそうな嫉妬をしたり、目まぐるしく悩み苦しんでいるものの、そんなに人を好きになれることをどこか羨ましくも感じている自分がいるのでした。

 

 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村
広告