よみしろの読む城

読んでもわからない人へ送る「僕はこう読み考えた」

2015-10-22から1日間の記事一覧

三四郎 (夏目漱石)

読まねばならないという謎の義務感を持っていながら結局全然読んでなかった『三四郎』です。この前ようやく読み終わったのですが、感想を一言 もっと早く読んでおけば良かった 漱石ともあろう秀才がまるで自分のような”頭のいい人に囲まれて劣等感に苛まれて…


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村
広告